2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年6月17日

パソコンのスピーカー

P1010245

 仕事場(研究室)のパソコンのスピーカーは、タイムドメイン理論にもとづいて作られたスピーカー。ラグビーのボールのような、ちょっと変わった形をしていて、左右の両端にそれぞれ外向きにつけられたスピーカーユニットがついている。
 こんな形?で、この値段で、いい音がするのだから不思議。特に、小さな会場で録音したライブ音源はびっくりするほどリアル。前後の音像定位がとても良く、小さな音がしっかり聞こえてくるからだと思う。ズンズンとした身体に響くような低音を求めることはできないけれど、見た目とは違い、しっかりと低音も出るから、これまた不思議。安くて、いい買い物をしました。
 気に入ったので、自宅用にも買ってしまいました。

2008年3月21日

ピアニスト上原ひろみさんを育んだ?土壌?

 先日、同僚の教員たちから「浜松は楽器の街だからか、浜松出身の学生はピアノを習っていることが多い」という話を聞いた。そのときは、特にさほど気に留めずにいたのだが、最近、お気に入りのジャズピアニスト上原ひろみさんの出身が浜松だと知り、こういう優れたピアニストの誕生に、こういう地域の雰囲気が関係しているとすれば、すごいなあと思うようになった。
 ちなみに、最近、良く聞いているのは、上原ひろみ"Another Mind"、そのなかでも特に"Dancando No Paraiso"がいい。身体のなかからノッてくるという感じがぴったりくる。

2005年8月 6日

上田JazzFes.

 年々、スケールが大きくなっているのが、上田JazzFes.

 3年前から楽しみにしています。3年前の当時出ていたいくつものバンドがメジャーデビューしていて、これまで出演してきたバンドやグループがbigになるとともに、このFes.もbigになっています。

 今年は、6ヶ月になった谺(こだま)くんに、「soil & "pimp" sessions」や「犬式」の音を感じてもらおうと行きました。普段から自宅のコンポで聴かせていたので、もっと喜んでくれるかと思っていたが、あまかった。あまりに大きな音に、谺くんは、びっくりぎょうてん。眼が点とはこのことか。

 もちろん、私たち夫婦はsoil と犬式のパフォーマンスに大満足(谺くんが眠くなってきたので、この後のcopa salvoのステージが始まる前に帰らなくてはならなかったのが残念、、、悔しい)。来年は、谺くんを肩車して踊りながら、楽しみたいです。

 soil も犬式もcopaのみなさん、きっと来年はもっとbigになっているでしょうが、ぜひぜひ、上田Jazz Fes.に来て下さいね。