2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年6月12日

MacMini,TimeMachineが研究室にやってきて1ヶ月。

 研究室に、新しいMacMiniとTimeMachineを導入して一ヶ月ほどがたった。
 覚え書き程度の印象を箇条書きで。

 MacMini (プロセッサ2.26GHz Intel Core 2 Duo,メモリ4GB) テキスト処理とウェブブラウズが中心なので、なんのストレスもなく処理してくれる。満足。

 OS(MacOS 10.5.7) 附属のMail.appとiCal.(カレンダー)との連携がすごくいい。本文中にある「○月○日○時○分」というあるあたりにカーソルを持っていくと、選択するだけでiCal.への入力ができる。ちょっとした手間が軽減されるだけなのだが、これがあるとマメにiCalにスケジュールが入力できる。iphoneとの連携もできるというから、これはiPhoneを買ってしまいそうだ。spacesという機能もいろいろなソフトを同時に使いながら作業するにはとても便利だ。

 TimeMachine 「どこでもMyMac」という機能が便利だと考えて(自宅でも研究室のバックアップファイルの読み書きができることを期待)、購入に踏み切ったのだが、この設定が全くうまくできない。設定の問題なのか、大学での接続環境では使えないのか、ファームウェアの問題もあるとの情報もあるようだし、どうにもならない。他にも、このハードウェアそのものがMacMiniに認識されないようなことがしばしば起こり、設定変更ができないときがある。はっきりいって、金かえせという気持ち。
 
 

2008年1月17日

また、MacからWindowsに

 僕が使うAppleのノートパソコンは、よく故障する。

 夏休み前に備品として購入したMacBookは、使い始めてしばらくすると[i][k][8]等のキーが反応しなくなった。たまにしかその症状がでてこないので直ったかな?と思うと大事なときに症状がでるという繰り返しだった。この症状が頻発するようになったのでようやく12月に修理に出した。すぐに直って戻ってきたのはよかったのだけど、しかし、それから一ヶ月もしないうちにまた故障。今度は、全く起動しなくなった。で、明日修理に出すことに。

 OSについては、WindowsよりもMacOSが気に入っている。特にMacOSは、10.3以降大変気に入っていて、起動や検索も速いし、なにより安定している。標準のメールや画像処理ソフトもすごく使いやすい。ワードやエクセルも使えるからWindowsで仕事をしている人たちとのやりとりにもほとんど困らない。だから、本当はAppleのパソコンをメインにしたいのだけど壊れるので、結局Windowsがのったパソコンがメインになってしまう。今は、共同研究の関係でサブマシンのつもりで使うことになっていたpanasonicのLet'sNoteがメイン。

 1~2年ぐらい前はAppleのibookG4を使っていた。これも故障が多かった。買ってしばらくすると、液晶の真ん中あたりの色が白くなってきたので交換に。その後数ヶ月は何ともなかったが、ある日、会議でメモをとっていたら火花がでて起動できなくなった。ロジックボード交換。修理からもどってきて2ヶ月ぐらいしたらまた同じような症状がでた。このときは1年間の保障期間をすぎていたので、修理するのをあきらめた。で、その前に使っていたWindowsXP proがのったThinkpadX30をメインマシンに戻した。

 ウィンドウズのマシンをしばらく使っていると、やっぱりMacOSXが使いたくなり、Appleのパソコンを買う。MacBookにしたのは、これだった。それなのに、しばらくするとAppleのパソコンは壊れて、Windowsのパソコンを使うことになる。そんなことを繰り返しているここ数年。

 いいかげん、Appleに見切りをつけたらと何度も周りの人にいわれ、自分でもこりごりと思うのだけど、やはりOSはMacがいい。ハードを選ぶことができたら、、、本当にそう思う今日この頃。

2005年8月16日

信頼性薄い".Mac"の"iDisk"

 複数のパソコンを使って仕事をしていると、同じようなファイルでどれが最新のものなのか、どれがオリジナルでどれがコピーなのかわからなくなることが多い。
 そんなとき便利なのが、インターネット上のディスクに記録できるサービス。さらに便利なのが、パソコン本体とインターネット上のディスクの内容を同期させることができるサービス。アップルコンピュータの".Mac"の"iDisk"は、このサービスができるということで、買ってみた。使ってみた。

 ところが、これがひどく信頼性が薄い。いったい、何度、古いデータによって新しいデータが書き換えられたことか。
 パソコン本体のデータが書き換えられているのに、インターネット上で同期すべきディスクは、なんら反応しないなんてことはざら。最悪なのは、反応したと思ったら、古いデータに合わせて新しいデータを消していく。
 
 ほんと、仕事に使えないです。

 MacOS Xは、10.3のヴァージョンになってからは安定していて、仕事でも使うようになったのだけど、".Mac"の"iDisk"の同期機能は、使えません。Appleさんなんとかしてくださいよ。