2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年1月23日 - 2011年1月29日

2011年1月28日

どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その2)

(その1からの続き。注意!下の方に行くと「にらめっこ」をしようと待っている子どもの顔があります)

どうなる?幼稚園・保育所・学童保育 「子ども・子育て新システム」を考える緊急シンポジウム

<日時>2011年2月6日(日)13時~16時15分

<会場>静岡総合福祉会館シズウェル703会議室
 所在地や近隣駐車場については、http://www.shizuoka-wel.jp/contents/shizuwel/shizuwel.html

※「eしずおか」でも紹介してもらっています。保育園のママ友・あられさんのおかげです。ありがとうございます。
http://press.eshizuoka.jp/e691959.html
<スケジュール>
第1部:基調講演 13:00~
★実方伸子さん(全国保育団体連絡会事務局長) 「子ども・子育て新システムの概要と問題点」(政府案について最新情報と解説)
★渡邉保博さん(静岡大学教育学部教授) 「新システムで豊かな保育は守られるのか」

第2部:パネルディスカッション 14:45~
《パネラー》
★相田芳久さん (静岡県私立幼稚園振興協会理事長) 「幼稚園の現場から」
★太田嶋信之さん (静岡県保育所連合会会長) 「保育園の現場から」
★神谷みどりさん (静岡市学童保育連絡協議会会長) 「学童保育の問題」
★その他、保護者、保育者、学童保育指導員などの発言
《コーディネーター》
★石原剛志さん(静岡大学教育学部准教授)

<資料代、臨時保育、申込方法など>
★資料代 500円(学生は無料)

★臨時保育あります。

★申し込み方法
 参加を希望される方は、名前、電話番号を記入し下記事務局へFAXかメールで送ってください。
 保育が必要な方は、子どもさんの名前、年齢を記入し、FAXかメールでお送りください。

<主催・事務局>
★主催 どうなる?幼稚園・保育所・学童保育 「子ども・子育て新システム」を考える緊急シンポジウム(実行委員長:渡邉保博静岡大学教授)
★事務局
 静岡大学教育学部 石原剛志研究室
 電話・FAX 054−238−5018
 電子メール RXL15501@nifty.com
 (アットマークとドットを全角表示しています。メールで連絡をいただく場合は半角に直して下さい。)
 郵便 〒422-8529 静岡市駿河区大谷836静岡大学教育学部


Hengao(かなりのレベルで「変顔」をする次男。怒られそうな雰囲気を察すると、「変顔」を繰り出したり、先のような「笑顔」を繰り出してくる。)

どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その1)

○1月24日、政府がこの通常国会に提出しようとしている「幼保一体化」案の概要が明らかになりました。こうした政府の動向もふまえて、幼稚園や保育所、学童保育はどうなってしまうのか、最新情報をふまえて様々な立場から検討する緊急シンポジウムを、開きます。(その内容は、その2へ)
Banana(写真は、バナナを食べてニコニコの次男。この前、バナナをスーパーではバナナをぜったいに買ってくれと泣きながら訴えたらしい。この笑顔をされると何も怒れなくなります。ちなみに、この写真とシンポは直接関係ありませんが、シンポに来ると「生」でこの笑顔に出会えるかも。)

○この政府案は、日本の幼児教育・保育の業界に株式会社を参入させやすくするものです。条件をクリアすれば指定をうけることができ事業を開始できるというもの。その指定を受けるための条件は、今の認可保育園に比べればぐっと低いところに設定されそうです。どんな保育事業が増えて行くのか、目に見えています。

○幼稚園の制度は残るとされていますが、その財政は、もはや公教育といえるようなものではなくなるでしょう。子どもの数を出来高と見なす、出来高払いで運営されるものとなりそうです。

○この政府案に日本の子どもと保育の未来を任せることができるのか。正確な情報を得て、考える機会が必要だと保育者、保護者、研究者の有志で急遽集まり実行委員会をつくり、このシンポを企画しました。

○法案が考えている「幼保一体化」の具体的な形はどういうものか?幼稚園はどうなるのか?保育所はどうなるのか?学童保育はどうなるのか?最新情報を知りたい。そんな疑問に答えられる講演者やパネラーに登壇いただくことが決まりました。その内容は下記のとおりです。いっしょに、この問題を考えていきましょう。
(その2へ続く)

« 2010年12月26日 - 2011年1月1日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »