2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 緊急シンポジウム「どうなる幼稚園・保育所・学童保育」を2011年2月6日に。 | トップページ | どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その2) »

2011年1月28日

どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その1)

○1月24日、政府がこの通常国会に提出しようとしている「幼保一体化」案の概要が明らかになりました。こうした政府の動向もふまえて、幼稚園や保育所、学童保育はどうなってしまうのか、最新情報をふまえて様々な立場から検討する緊急シンポジウムを、開きます。(その内容は、その2へ)
Banana(写真は、バナナを食べてニコニコの次男。この前、バナナをスーパーではバナナをぜったいに買ってくれと泣きながら訴えたらしい。この笑顔をされると何も怒れなくなります。ちなみに、この写真とシンポは直接関係ありませんが、シンポに来ると「生」でこの笑顔に出会えるかも。)

○この政府案は、日本の幼児教育・保育の業界に株式会社を参入させやすくするものです。条件をクリアすれば指定をうけることができ事業を開始できるというもの。その指定を受けるための条件は、今の認可保育園に比べればぐっと低いところに設定されそうです。どんな保育事業が増えて行くのか、目に見えています。

○幼稚園の制度は残るとされていますが、その財政は、もはや公教育といえるようなものではなくなるでしょう。子どもの数を出来高と見なす、出来高払いで運営されるものとなりそうです。

○この政府案に日本の子どもと保育の未来を任せることができるのか。正確な情報を得て、考える機会が必要だと保育者、保護者、研究者の有志で急遽集まり実行委員会をつくり、このシンポを企画しました。

○法案が考えている「幼保一体化」の具体的な形はどういうものか?幼稚園はどうなるのか?保育所はどうなるのか?学童保育はどうなるのか?最新情報を知りたい。そんな疑問に答えられる講演者やパネラーに登壇いただくことが決まりました。その内容は下記のとおりです。いっしょに、この問題を考えていきましょう。
(その2へ続く)

« 緊急シンポジウム「どうなる幼稚園・保育所・学童保育」を2011年2月6日に。 | トップページ | どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その2) »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23797/50709387

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その1):

« 緊急シンポジウム「どうなる幼稚園・保育所・学童保育」を2011年2月6日に。 | トップページ | どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その2) »