2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日

2008年1月17日

また、MacからWindowsに

 僕が使うAppleのノートパソコンは、よく故障する。

 夏休み前に備品として購入したMacBookは、使い始めてしばらくすると[i][k][8]等のキーが反応しなくなった。たまにしかその症状がでてこないので直ったかな?と思うと大事なときに症状がでるという繰り返しだった。この症状が頻発するようになったのでようやく12月に修理に出した。すぐに直って戻ってきたのはよかったのだけど、しかし、それから一ヶ月もしないうちにまた故障。今度は、全く起動しなくなった。で、明日修理に出すことに。

 OSについては、WindowsよりもMacOSが気に入っている。特にMacOSは、10.3以降大変気に入っていて、起動や検索も速いし、なにより安定している。標準のメールや画像処理ソフトもすごく使いやすい。ワードやエクセルも使えるからWindowsで仕事をしている人たちとのやりとりにもほとんど困らない。だから、本当はAppleのパソコンをメインにしたいのだけど壊れるので、結局Windowsがのったパソコンがメインになってしまう。今は、共同研究の関係でサブマシンのつもりで使うことになっていたpanasonicのLet'sNoteがメイン。

 1~2年ぐらい前はAppleのibookG4を使っていた。これも故障が多かった。買ってしばらくすると、液晶の真ん中あたりの色が白くなってきたので交換に。その後数ヶ月は何ともなかったが、ある日、会議でメモをとっていたら火花がでて起動できなくなった。ロジックボード交換。修理からもどってきて2ヶ月ぐらいしたらまた同じような症状がでた。このときは1年間の保障期間をすぎていたので、修理するのをあきらめた。で、その前に使っていたWindowsXP proがのったThinkpadX30をメインマシンに戻した。

 ウィンドウズのマシンをしばらく使っていると、やっぱりMacOSXが使いたくなり、Appleのパソコンを買う。MacBookにしたのは、これだった。それなのに、しばらくするとAppleのパソコンは壊れて、Windowsのパソコンを使うことになる。そんなことを繰り返しているここ数年。

 いいかげん、Appleに見切りをつけたらと何度も周りの人にいわれ、自分でもこりごりと思うのだけど、やはりOSはMacがいい。ハードを選ぶことができたら、、、本当にそう思う今日この頃。

カンニング中島さんの闘病

 夜中、偶然につけたテレビで、コメディアンのカンニング中島さんの闘病を追ったドキュメンタリーを見た。
 妻や息子のために生きようと白血病と闘った彼の生きざまがよく描かれていた。

 家族との時間を大切にしよう、限りある命の時間を大切にしよう、あらためて、そう思えた。

 中島さんが亡くなったとき、息子さんは2歳3ヶ月だったそうだ。その息子さんは今三歳。テレビに映るその姿は、わが子の姿と重なった。

2008年1月13日

ブログ再開にあたって

2年以上更新していなかったブログを更新します。
2年以上更新していなかった自分のサイトも更新しはじめました。

これまで更新できなかった理由は、余裕がなかった、これにつきます。

以下は、私と個人的なおつきあいがある方以外には、あまり意味のない内容だと思います。近況報告を兼ねて、更新できなかった時期、特に昨年度あたりの出来事などを箇条書きにしてみます。

2006年1月 NPO法人の代表理事より辞職願いを受け取る。副代表理事から代表理事代行(事務局長兼務)になる。
2006年2月 NPO法人が運営する自立援助ホーム丸太の家の児童指導員に。息子1歳。
2006年3月 丸太の家のホーム長(当時)が退職。運営存続のために奔走。
2006年4月 連れあいが丸太の家のホーム長に。家族総動員体制で丸太の家運営。
2006年5月 NPO法人の代表理事になる。
2006年5月~9月 丸太の家の移転にむけて、移転候補地の自治会長らと交渉。しかし、自治会からは最終的に反対される。
2006年11月~2007年2月 丸太の家ホーム長代行を兼務。週に3、4日の宿直。丸太の家の移転にむけて他の候補地での準備。
2007年2月 息子2歳に。父が亡くなり、3月末まで実家の愛知とを行ったり来たり。
2007年3月 丸太の家引っ越し。ホーム長代行を現ホーム長に引き継ぐ。長野大学退職。上田市の自宅を引き払うことができないまま静岡に引っ越し。

 こんなことを大学教員の仕事と兼務でやっていました。丸太の家の運営も、子どもたちとの関わりでは精神的にはものすごいエネルギーを使わないとやっていけませんでしたし、自宅にいてもいつ呼び出されるかわからない日々も辛かった。
 これを続けていたら過労死だと本気で思っていました。この間、大切な友人の結婚式も失礼してしまいました。手紙に返事を書くことも、メールの返信もまともにできない日々でした。数々のご無礼、もうしわけありません。

 今では、丸太の家も新しい体制と場所で、多くの人の協力を得ながら、軌道にのりはじめています。自宅の引っ越しもなんとか終わりました(かたづけは残っています)。もうすぐ父の一周忌で、こちらについても、ようやく落ち着けそうです。そこで、ブログやウェブサイトも更新再開をする気持ちになってきました。

 といっても、忙しい日々は続きます。3月はじめには、二人目の我が子の誕生を迎えることになりそうだからです。でも、この忙しさは、上記のような「もがきながら」という感じではなく、希望を抱きながらの日々です。

 今後ともよろしくお願いいたします。


« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »