2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »

2005年10月2日 - 2005年10月8日

2005年10月 2日

今川夏如『トモダチニナルタメニ』

 日本で生まれ育ち「生きるのが面倒だった」青年が、補習塾での「ガラの悪い」子どもたちと出会い、「障害者を持つ人たち」と出会い、アフガニスタンで暮らす子どもたちと芸術活動を通して出会う。この本は、そんな人々との出会いのなかで、著者である今川さんが自己形成の歩みを綴ったもの。と同時に、そうした出会いのなかで筆者が考えつづけてきた「人は何のために生きるのか」というテーマにも答えようとした本である。

 この本を読み終えて、私が感じた想いをまず率直に挙げてみたい。
 一、ひさびさに若い人たちにすすめたい本に出会った。(さっそく大学一年生とともに学ぶゼミでは、これを輪読することにした。)
 二、この本を書いた今川さんとトモダチになりたい。
 三、自分が教師をしている学校にきてもらって学生とともに話をききたい。
 こう書けばわかってしまうと思うが、この本は、私にとって自分の生き方をふりかえり、これからを考えるきっかけをくれた「お気に入り」の一冊となった。

 私が、この本を若い人たちと読みたいと思ったのは、こうして「自分」を語る今川さんの文章が、若い人にも「自慢話」として受け取られることがなく、また「自分とは違うすごい人」の話として片付けてしまわないだろうという感触をもったからである。それは、今川さん自身が若い世代の一人であるということもあるが(ちなみに、今川さんは奥付を読む限り、今も二〇歳代半ば)、なにより日本の若い世代の感性をよくつかんでいると思われたからである。本書の随所にでてくる( )で括った補足的な文章が示している。

 今川さんは、アフガニスタンで、子どもたちと出会い、人々の暮らしぶりを知り、戦争が日常となっている光景を目の当たりにするなかで「自分」を見つめなおすことを迫られる。そうした「自分」とは、心理学的な「自分」というよりも、このグローバル化した世界のなかで、いわゆる先進国で生まれ育ったものとしての「自分」であり、アフガニスタンやイラクへの戦争に荷担している日本で生まれ育った「自分」である。

 なぜ日本は軍隊を海外に派遣すべきではないのか、それは、私たちが戦争をする相手の国には、これからトモダチニナル人がいるかもしれないだ。あるいは、すでにトモダチニなった人がいるからだ。戦争と平和の問題を、そうした一人一人の出会いというレベルで、そして一人の青年が「自分」の問題として論じることができるようになったことに、平和な時代への一歩を感じた。

 追伸 私が泣いたところは、この本のタイトルとなっている「トモダチニナルタメニ」が登場するところ。細かい説明をすると、ネタバレしてしまうので、ここではこれ以上説明しないほうがいいだろう。この本を読んだ人なら、わかってくれると思う。

(今川夏如『トモダチニナルタメニ』新日本出版社、2005年)

« 2005年9月11日 - 2005年9月17日 | トップページ | 2005年11月20日 - 2005年11月26日 »