2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2016年9月11日

平松知子さん講演(2016年9月25日、静岡グランシップ)

 保育者のみなさん、乳幼児の子育てをしている保護者のみなさん。9月25日、勉強になって、元気になって、ときに涙もじわりという、平松知子さんの講演が、静岡市のグランシップであります。
 「子どもが心のかっとうを超えるとき」「大人だってわかってもらえて安心したい」。ーー平松さんの本のタイトルです。お父さんお母さん、保育を仕事としているみなさん、保育者を目指す学生のみなさん、保育や子育ての根っこにある大切なところを、平松さんの話をきいて感じ、とらえなおしてみませんか?
 平松さんの講演は午前。午後には、保育や子育てに関する講座(実技講座を含む)、憲法について学ぶ講座もあります。午前だけ、午後だけの参加も可能です。このチャンスをぜひ。

2016


» 続きを読む

2016年7月23日

都知事候補者の保育・貧困への政策比較

 大学で保育者を育てる教員であり、保育(学童保育含む)・子どもの福祉に関する研究者であり、2児の父である石原剛志です。

 都知事選挙の主要3候補の保育や子育て支援、貧困と労働をめぐる政策についてを比較してみました。

 すでに、駒崎氏によって作成された「都知事候補者の子育て支援政策を比較してみた」http://www.huffingtonpost.jp/hiroki-komazaki/election-politics_b_11061834.html があり、多くの方に参照されているようです。しかし、保育研究者として、駒崎氏の政策評価には納得いかないし(その理由は、後述)、保育に詳しい人ならば同じような政策評価をするのかと誤解されるのもマズい。そこで、私なりに、3候補者の政策比較をして、公表することにしました。検討対象にした政策集は、駒崎氏のものと同じものにしました。(鳥越氏の政策についてはリンク先URLの修正しています。)

増田寛也氏 http://www.h-masuda.net/policy.html
小池百合子氏 https://www.yuriko.or.jp/senkyo/kouyaku.pdf
鳥越俊太郎氏 http://www.shuntorigoe.com/pg_tochiji.html

 駒崎氏のものとともに、こちらも参照いただき、比較しながら検討していただければ幸いです。

【駒崎氏の政策評価と、石原による政策評価との違い】

ポイント1/子育ての問題を、行政による子育て支援のみならず、総合的に評価した。具体的には、多くの親もまた労働者であることに着目し、その労働に対する政策を評価軸に位置づけた。

ポイント2/待機児童解消のために、「つめこみ」をするなどの規制緩和によって保育の供給量を増やそうとする政策は、保育施設での子どもの生活の質を低くする可能性を高くし、子どもの命や健康、安全や安心を脅かすものとして厳しく評価しているということです。「待機児童解消」について、小池氏に対する政策に○をつけた駒崎氏と大きな違いです。

ポイント3/学童保育についての政策をチェックしました(どの候補者も残念な結果でした。)。

比較表の解説は、さらにヴァージョンアップさせていく予定ですが、まずは、公開します。

0725_2


2016年7月20日

都知事候補者の待機児童対策ー駒崎氏の評価軸に疑問

http://www.huffingtonpost.jp/hiroki-komazaki/election-politics_b_11061834.html

 駒崎氏のFBページ(リンク先と同じ内容)のシェアをしてコメントしていたんですが、(たぶん)駒崎氏にシェアできなくされてしまいました。せっかく書いたコメントも消えてしまった(泣)。もったいないのでここ(以下)に再現します。このコメントは、彼にとって都合が悪かったんでしょう。
-----
 駒崎氏作成「都知事候補者の子育て支援政策を比較してみた」。小池氏に甘すぎ。
 例えば、「待機児童解消」について、小池氏には「保育所の受け入れ年齢、広さ制限などの規制を見直す」という<具体策>があるからと(駒崎氏は)○をつける。
 だけど「広さ制限などの規制を見直す」って、要するに「詰め込み」すすめますってことでしょ。よく、○つけるよなあ。それが「有識者」?それが「保護者」の視点?
 また、「保育所の受け入れ年齢」(規制の見直し)って、小規模保育事業に3歳以上も入れさせろという駒崎氏自身の主張とも似ている話。自分と近いから、○つけていると思われてもしかたないっしょ。小規模保育事業所のなかには、相当狭い事業所もある。ワンフロアーしかなく仮の仕切りでやっているところもある。小規模保育事業に3歳以上をって話は、それなりの条件(規制)をつけないと危険ですらある。規制緩和だけで押し切ることはやめてほしい。
 まあ、待機児童解消ってことでいえば、3候補者の政策文書で、書かれている程度では、甲乙つけれんよ。みんな△ってところじゃないの?【追加訂正。むしろ、小池氏は、×でいい。】「具体策」があればいいってもんじゃない。保育の質を担保する条件を下げるような「具体策」に、○をつけるかどうかは、その評価者の価値観が問われるのだろう。
【追加】ちなみに「宇都宮けんじの希望の政策」http://utsunomiyakenji.com/policy/における「待機児童対策」は「・待機児童をゼロにするために、3カ年間で5万人の認可保育所等の定員増をはかります。」というもの。3人の有力候補者のなかで、これに近づけようと政策を改訂できるなら、一歩抜け出ることができる。予算も計算できるはず。
 私が候補者のブレーンなら、<都内の自治体が公立保育所をつくるときに建築補助を( )%出します。運営費補助も任期中( )%つけます。>という予算を打ち出す。土地もない、保育士も集まらない、でも詰め込みもいやだし、質も高いものを、と考えると、自治体の責任で公立保育所をつくるのが確実。都知事選のときぐらい、これぐらいの大胆な政策打ち出すべきだ。

2016年6月13日

6・18シンポ「子どもの放課後生活の現在と学童保育の役割」

 今や、子どもの放課後生活は、経済的な階層格差がモロに現れる時空間となっています。学校が終わったあとの、地域での子どもたちの遊びの世界が、大人の世界とは異なる、子どもの世界であるというのは、もはや過ぎ去ったものなのか。幻想なのか。

 6月18日19日、日本福祉大学で開かれる日本学童保育学会の1日目、こうした問題意識もふまえたシンポが開かれます。当日申し込みも可能です。
 http://www.gakudouhoikugakkai.com/file/2016taikaiannai.pdf

シンポ「子どもの放課後生活の現在と学童保育の役割」

趣旨 子どもたちの放課後生活は、子ども・子育て支援という福祉政策、学力向上を求める教育政策、女性労働者の確保という労働政策等の対象であるとともに、民間の企業や組織の利潤追求の対象でもあります。今日、子どもたちの放課後生活は、子ども子育て新制度の実施に伴う学童保育所の拡張、放課後子ども総合プランに基づく事業や学力向上を目指す放課後学習の広がり、企業等による「学童保育」やアフタースクール事業、学習塾・各種の教室・スポーツ少年団などの多様化など、多様化・複雑化が進んでいます。
 これらの多様な事業を選択的に活用し恩恵を受けられる子どももあれば、貧困の中でこれらの事業に全くアクセスできない子どももいます。また、様々な事業を利用しつつも、主体的で創造的な生活を享受できない子どももいるのです。
 本課題研究では、今日の子どもたちの放課後生活の現状を明らかにしつつ、子どもたちの豊かな放課後生活をつくり出すための学童保育の役割を検討します。
【提案者】
加藤まどか(福井県立大学)
早乙女勝利(学童保育指導員)
赤井友美(一社 子供教育創造機構理事)
【指定討論者】
植木信一(新潟県立大学)
【コーディネーター】
増山均(早稲田大学)
住野好久(岡山大学)

2016年6月11日

日本学童保育学会で「放課後児童支援員研修」をめぐるシンポ(2016/6/19、日本福祉大学)

 2016年6月18,19日、日本福祉大学美浜キャンパスにて、日本学童保育学会の研究大会が開かれます。
 私は、その2日目(6/19午後)、放課後児童支援員認定資格研修の課題と展望と題するシンポを開きます。厚労省の担当官から「放課後児童支援員認定研修」の調査について最新のコメントをきくことができる機会になりそうです。もちろん、学会ですから、お節拝聴というだけではなく、労働組合の立場から、また、研究者の立場から、様々な角度から検証していきます。

 当日、申し込みも可能です。どうぞ、日本福祉大学美浜キャンパスまで足をお運びください。大会全体のスケジュールや詳細については、下記を参照してください。
http://www.gakudouhoikugakkai.com/file/2016taikaiannai.pdf

●テーマ:放課後児童支援員認定資格研修の課題と展望

●趣旨 2015年度より放課後児童健全育成事業に放課後児童支援員が置かれることになり、そのための認定資格研修がはじめられました。画期的という評価の一方で、受講生からは「学童保育(放課後児童クラブ)に即した内容でなかった」、講師からは「短い時間でシラバスに示された内容を講義するのは困難」などの声も聞こえてきます。
 そこで、この研修について、まず、厚労省雇用均等・児童家庭局総務課少子化総合対策室室長補佐大津明夫氏から特別報告をしていただきます。次に、シンポジウム形式で、(1)鈴木瞬氏からは、この研修を受託した日本放課後児童指導員協会での実態と課題について、(2)松本歩子氏からは、研修の講師を担った本学会会員へのアンケート調査結果について、(3)政次博彦氏からは、これまで学童保育指導員の業務や専門性を探求してきた学童保育労働運動の立場から、この研修の課題について、報告していただきます。以上の報告と討論を通して、今後を展望してみたいと思います。

●報告者
○大津 昭夫/厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課少子化総合対策室室長補佐
○鈴木 瞬/くらしき作陽大学子ども教育学部子ども教育学科専任講師、日本放課後児童指導員協会
○松本 歩子/平安女学院大学子ども教育学部講師、日本学童保育学会研究委員会
○政次 博彦/はちのす学童保育所学童保育指導員、全日本建設交運一般労働組合愛知学童保育支部執行委員長。
●コーディネーター 垣内 国光(明星大学)/石原 剛志(静岡大学)

●スケジュール
13:00〜 特別報告(趣旨説明および質疑を含む)
○大津 昭夫「平成27年度放課後児童支援員認定資格研修事業に係る実施状況について」

14:00〜  報告および質疑
○鈴木 瞬「『放課後児童支援員認定資格研修』の実態と課題―研修での学びや研修後の力量形成につなげる視点から―」
○松本 歩子「研修講師からみた放課後児童支援員認定資格研修の課題と展望―学童保育学会研究委員会実施アンケート調査結果報告―」
○政次 博彦 「学童保育労働(運動)・学童保育実践の立場から」

15:05 討議
15:30 終了

2012年6月17日

日本学童保育学会まで一週間!

告知です。6月23日、24日、早稲田大学で開かれる日本学童学会研究大会まで、あと一週間を切りました。(大会の詳細は、下記参照下さい)
http://www5.ocn.ne.jp/~gakudou/

今年は、池本美香さんから国際的な視野から学童保育を論じていただき、増山均さんにコメントいただく、という企画もあります。会員以外のかたも、参加できます。申し込みは、当日でも可です。関心のある方はぜひご参加ください。

私は、学会事務局長として、いろいろとしなくてはならない連絡などが残っているのだけど、今日は、子連れで京都へ。全国学童保育連絡協議会の指導員学校にいってきます。

1339896084837.jpg

2012年2月18日

研究会「子ども・子育て新システムと学童保育—学童保育指導員の資格をめぐる動向を読むー」

最近は、FaceBookばかりでした。こちらのブログ更新は、ご無沙汰しておりました。

私が事務局長をしている日本学童保育学会での研究会のお知らせです。

 「子ども・子育て新システム検討会議作業グループ基本制度ワーキングチーム」は、今年2月13日付で「子ども・子育て新システムに関する基本制度とりまとめ」を公表しました。同文書は、放課後児童クラブについて「質を確保する観点から、職員の資格、員数、施設、開所日数・時間などについて、国は法令上の基準を新たに児童福祉法体系に設定する」としています。また、こうした動きと平行して学童保育指導員の資格について超党派の議員立法の動きもあると聞いています。日本学童保育学会第3回研究大会実行委員会では、6月23、24日、早稲田大学文学部キャンパスにて開かれる第3回研究大会に先だつプレ企画として、これらの動向を読みとく研究会を開催することとしました。

日本学童保育学会第3回研究大会プレ研究会
主催:日本学童保育学会第3回研究大会実行委員会

テーマ:子ども・子育て新システムと学童保育—学童保育指導員の資格をめぐる動向を読むー

報告1「資格をめぐる超党派の議員立法の動きについて」前田美子(学童保育指導員専門性研究会)

報告2「『基本制度とりまとめ』における放課後児童クラブの位置づけ」石原剛志(日本学童保育学会事務局長、静岡大学准教授)

【申し込み】会員以外の方も参加できます。事前に、日本学童保育学会事務局e-mailもしくはFAXに、氏名・所属・連絡先をお知らせ下さい。当日、資料代として500円をいただきます。

日時:2012年3月2日(金)18時30分〜20時45分

会場:早稲田大学文学部(戸山キャンパス)33号棟2号館第1会議室
(地下鉄東京メトロ 東西線 早稲田駅 徒歩3分)

日本学童保育学会第3回研究大会実行委員会
  〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1早稲田大学文学学術院 増山均研究室
  e-mail : massy@waseda.jp

日本学童保育学会事務局 
  〒422-8529静岡市駿河区大谷836静岡大学教育学部 石原剛志研究室
  e-mail : gakudouhoikugakkai@gmail.com 電話FAX 054-238-5018

2011年8月18日

陸前高田から(1)

陸前高田の学童クラブへ保育支援ボランティアをしてきました。

ここの学童クラブは、小学校の空き教室を改築して実施されていました。

写真は、その学校のグラウンドの上から見える光景です。他の子が、それぞれに遊んでいる自由時間、高学年の女の子たちが、この光景をグラウンドの縁に座ってずうっと眺めていたのでした。

以前の街の姿を知らない僕も絶句するような光景。彼女たちは、何を話していたんだろう。


20110817rikuzentakata


2011年8月16日

ひさしぶりのブログは、岩手は一ノ関駅から

ひさしぶりのブログは、岩手の一ノ関駅から。
明日、陸前高田の学童クラブへ保育支援ボランティアに行くため、電車を待っている。一人で、45分の電車待ち。ホームにも、人はまばら。さびしい感じがして、これを書いている。
明日はレンタカーで陸前高田へ。子どもたちにとっては、夏休み最後の日らしい。宿題はたくさんだされたのだろうか。たくさん残している子もいるだろうか?
1313499564945.jpg

2011年1月28日

どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その2)

(その1からの続き。注意!下の方に行くと「にらめっこ」をしようと待っている子どもの顔があります)

どうなる?幼稚園・保育所・学童保育 「子ども・子育て新システム」を考える緊急シンポジウム

<日時>2011年2月6日(日)13時~16時15分

<会場>静岡総合福祉会館シズウェル703会議室
 所在地や近隣駐車場については、http://www.shizuoka-wel.jp/contents/shizuwel/shizuwel.html

※「eしずおか」でも紹介してもらっています。保育園のママ友・あられさんのおかげです。ありがとうございます。
http://press.eshizuoka.jp/e691959.html
<スケジュール>
第1部:基調講演 13:00~
★実方伸子さん(全国保育団体連絡会事務局長) 「子ども・子育て新システムの概要と問題点」(政府案について最新情報と解説)
★渡邉保博さん(静岡大学教育学部教授) 「新システムで豊かな保育は守られるのか」

第2部:パネルディスカッション 14:45~
《パネラー》
★相田芳久さん (静岡県私立幼稚園振興協会理事長) 「幼稚園の現場から」
★太田嶋信之さん (静岡県保育所連合会会長) 「保育園の現場から」
★神谷みどりさん (静岡市学童保育連絡協議会会長) 「学童保育の問題」
★その他、保護者、保育者、学童保育指導員などの発言
《コーディネーター》
★石原剛志さん(静岡大学教育学部准教授)

<資料代、臨時保育、申込方法など>
★資料代 500円(学生は無料)

★臨時保育あります。

★申し込み方法
 参加を希望される方は、名前、電話番号を記入し下記事務局へFAXかメールで送ってください。
 保育が必要な方は、子どもさんの名前、年齢を記入し、FAXかメールでお送りください。

<主催・事務局>
★主催 どうなる?幼稚園・保育所・学童保育 「子ども・子育て新システム」を考える緊急シンポジウム(実行委員長:渡邉保博静岡大学教授)
★事務局
 静岡大学教育学部 石原剛志研究室
 電話・FAX 054−238−5018
 電子メール RXL15501@nifty.com
 (アットマークとドットを全角表示しています。メールで連絡をいただく場合は半角に直して下さい。)
 郵便 〒422-8529 静岡市駿河区大谷836静岡大学教育学部


Hengao(かなりのレベルで「変顔」をする次男。怒られそうな雰囲気を察すると、「変顔」を繰り出したり、先のような「笑顔」を繰り出してくる。)

«どうなる幼稚園・保育園・学童保育シンポ(その1)